新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

化粧品プラットフォーム「NOIN」とKDDIが資本提携、コスメのオンライン購入に新たな体験価値の創出を

 化粧品ECプラットフォーム「NOIN(ノイン)」を運営するノイン(株)(渡部 賢代表取締役)は、通信会社のKDDI(株)(高橋 誠社長)との協業を目的として「KDDI Open Innovation Fund 3号」(運営者:グローバル・ブレイン(株))より出資を受けたことを公表した。

 この提携により、今後は両社協力のもとノインのメインユーザーである20代・30代の女性向けに、新たなオンラインでの化粧品購入体験の創造に取り組んでいくという。

 ノインでは「誰でも自分に合う化粧品に、あたりまえに出会える世界」を目指し、化粧品ECプラットフォーム「NOIN」事業をはじめ、化粧品ブランドのEC進出を支援してきた。 現在、同社で取り扱う化粧品は15,000SKUを超えており、ユーザーは豊富なバリュエーションの中から自分に合った化粧品を選択できる環境だ。

画像1

 昨年11月には、”ついで買い”を超える新たな概念のコンビニコスメ「söpö(ソポ)」の開発・販売への挑戦なども実施し、SNSを中心に多くの反響を呼んだ。

 さらに、 昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、スキンケア商品などを中心に外出自粛期間中のオンライン購入比率が約64%(注1)と上昇し、ユーザーの需要も高まっている。

 このような背景の中で、オンラインとオフラインの両軸で技術やノウハウを持つKDDIとの提携することにより、既存サービスの連携のみならず、新たな化粧品のオンライン購入の体験価値創出を目指す環境が整う。

 具体的には、最先端技術を使ったオンラインカウンセリングや自身に似合う化粧品のオンライン版タッチアップ・レコメンドのシステム実装により、ユーザーが感じる「ネットでコスメを選びにくい」をオフラインにおいても解消に努める他、「au Pay」のような決済、コマースサービスとの連携、KDDIが運営するプラットフォームとのシナジーを創出。さらに多くの「コスメ選び」に悩む女性とコミュニケーションを図りながら、一人ひとりの課題を解決していく構えだ。

(注1)ノイン調べ。(調査概要:外出自粛期間前後の化粧品購入に関する意識調査レポート、調査対象:化粧品プラットフォーム「NOIN」に登録するユーザー、調査方法:アプリ内でアンケートを実施、対象地域:全国、調査期間:2020年5月28日~2020年6月3日・有効回答数:2,350名)(URL:https://speakerdeck.com/tivash/wai-chu-zi-su-qian-hou-niokeruhua-zhuang-pin-gou-ru-niguan-sitefalseyi-shi-diao-cha-repoto)


女性モード社の最新情報は→→→

今後ともよろしくお願いいたします!
2
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/