見出し画像

介助クッション『だっこしゃん』の試乗会を美容師向けに開催、6月末まで支援金を募集

 H.A.B.Eプロジェクト(細川晃浩代表)は、 介助を必要とする人への訪問美容でも役立つ”姿勢を保持するクッション”『商品名:だっこしゃん』の試乗会を全国10ヵ所で2021年9月~12月に開催予定。 そのための資金調達を6月1日(火)より、CAMPFIREのクラウドファンディングで実施している。

 高齢者を中心に訪問美容サービスのニーズは拡大しているものの、 これまでは介助の困難さがハードルとなり参入する美容師が不足していた。 試乗会の対象となる商品『だっこしゃん』はその改善が見込める機能を搭載しており、 実際に訪問美容を検討している美容師やケアマネージャー(介護支援専門員)を対象に試乗会を開催することで、各地の訪問美容師数を増やしていくことが狙いだ。

■クラウドファンディング概要
タイトル/だれもが訪問美容を受けられる社会に。 そのために、 介助クッションの存在を広めたい
期間/2021年6月1日(火)~6月30日(水)
目標金額/100万円
URL: https://camp-fire.jp/projects/view/432641

■ 資金の使い道
「だっこしゃん」の使用感を体験できる試乗会を全国10ヵ所で開催
クッションの購入費/約40万円
出張交通費/約50万円
クラファン手数料/約10万円

■ 実施スケジュール
2021年6月/クラウドファンディング期間
2021年9月頃/リターン発送
2021年9~12月/試乗会開催

■背景と目的
 訪問美容師が不足している理由の一つが、 「美容師は介助(サポートを必要とする方の身体を支えたり、 アシストすること)ができない」という課題。 介助が必要な人に美容施術を行うためには、 受ける側の身体をサポートしたり、 移動させたりといった介助が必要となるが、 美容師資格だけでは行えないという実情があり、 そのことが訪問美容に挑戦する際の大きな足かせの一つとなっている。

画像1

 試乗会においては、介助クッション「だっこしゃん」を利用することで、 訪問美容師が介助をすることなく、体位変換が行えることを参加者に体感してもらうことが目的。 同クッションは要介助者自ら身体の位置を保持することを可能にする機能を備えており、 企画者の細川代表をはじめ多くの訪問美容師の悩みを解決してきた。

画像2

 美容師免許保有者の約6割(約70万人)が休眠美容師(資格は持っているものの、 現在は働いていない美容師)とも言われている現在、サロンでのフルタイム勤務は難しいが、 時間の融通の利く訪問美容でなら働ける可能性も高い。 訪問美容のハードルを下げることで、 これまで美容業界から遠のいていた休眠美容師の選択肢も増やしていくことも期待されている。

細川晃浩代表のコメント
「訪問美容のやりがいは、お客さまと『家族』のような関係になれること。 長く担当してきた方が亡くなり寂しい思いをすることもありますが、 ご家族の方から”訪問カットをいつも楽しみにしてました。 最後まで綺麗にして頂き本当にありがとうございました”と言っていただくなど、 生涯の節目や人生に携われることに強いやりがいを感じています。 今回の試乗会を機に訪問美容に関心を持つ美容師が増え、 サービス待っている1人でも多くの方に理美容を届けることのできる世の中になっていったら 」

画像3

■問い合わせ先
H.A.B.Eプロジェクト(だっこしゃん正規営業代理店/訪問美容師)
細川晃浩(ほそかわあきひろ)
メールアドレス hosokawa.a1982@gmail.com
HP https://houmon3.com/


女性モード社の最新情報は→→→

ありがとうございます。嬉しいです!
6
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/