新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「働き方改革」を実行した美容室。スタッフへの効果は?美容室のES(従業員満足度)調査結果を公開!【期間限定記事】

『美容の経営プラン』2021年8月号(7月1日発行号)特集、「お客さま第一主義VSスタッフ第一主義」の26-27ページで紹介した、茨城県守谷市の美容室Nanea。いち早く「働き方改革」を実践してきた同店のES(従業員満足度)は現在、どうなっているのだろうか。そこで特集を監修した(株)MS&Consultingの協力のもと、同店のESを調査した。その結果は?
(本記事は『美容の経営プラン』8月号と連動した、8月31日までの期間限定記事です)

「働き方改革」でESアップに一定の成果

ES調査の方法および項目は、(株)MS&Consultingの標準的な調査法にのっとって実施。その詳細は、本特集22-25ページの「従業員満足度の調査と高め方」でも紹介しているが、簡単に紹介すると、複数の設問を通じ、従業員満足度を構成する「リーダーシップ」「チームの遂行力」「チームの風土」「スタッフの主体性」「スタッフの満足度」の5つのカテゴリのスコアが、それぞれどの程度かを測定するというものである。

さっそく、その結果を見ると、離職率やCS(顧客満足度:従業員満足度が高いスタッフが接客することで、お客さまの満足度も高まる)と関係の深い「働きがい」「帰属意識」「推奨意識」の3項目の評価は、S~Dの評価のなかでBであり、標準的だと判定された。

また、前述の5つのカテゴリについて見ると、うち4つはBと平均的ながら、「チームの遂行力」がD判定となっている。ただし、「スタッフの主体性」や「スタッフの満足度」は比較的高めでA判定まであと一歩であり、働き方改革をはじめとしたNaneaの取り組みは一定の成果を得ていると考えられた。

画像1

ES調査結果 1 総評

仕事への充実感は高い

次に、各カテゴリを構成する細かな項目について見ていこう。ここでは「課題」「強み」と判定された項目を抜粋したが(上4つが「課題」、下4つが「強み」)、中でも「ベンチマーキング(他社や他店舗の成功事例に学び、取り入れているか)」のスコアが低く出ている。

一方、「仕事への誇り(自分の仕事に誇りを感じているか)」や「有意味感(社会にとって価値のある仕事と感じているか)」のスコアは非常に高く、単に待遇が良いといったことだけでなく、仕事自体の充実感も高いことがうかがえる。なお、ここには挙がっていないが、チームの風土では「お客さまへの思い」が、スタッフの主体性では「責任感」が、また、前述の5カテゴリとは別だが、「会社評価項目」として「将来の安心感」も、S評価であった。

画像2

ES調査結果 2 特筆すべき項目

今後は働き方改革とコミュニケーションの強化をワンセットで

画像3

Nanea 染谷 初代表

こうした結果について、Nanea・染谷 初代表は、「(全体の数字は)思ったより悪いと感じた」と率直な感想を述べた上で、「現状で課題と感じている部分が結果として出ていた。『やっぱりな』と感じたところも多かった」と話す。

個別の内容については、「『情報の伝達』や『傾聴姿勢』は、常々注意している点ではありますが、ある意味上司に対するモヤモヤが、ここに出ていると思います。また、働き方改革で接する時間が減ったことと、新型コロナの影響によって、スタッフ間のコミュニケーションが以前より希薄になったことも、結果に関与していると思います」と述べ、旧来型の「時間をかけてコミュニケーションを取る」ではない、今の時代に即したコミュニケーション方法の検討が必要との見解を示した。

また、「ベンチマーキング」については、「Naneaのお客さまは、Naneaのことを気に入って来店しているので、他店の成功事例を何でもかんでも学んで取り入れればいいとは思っていません」と話した上で、「しかし、オーナーである僕は、他店がどのようなことをしているかを知っていても、スタッフ、特にアシスタントは知らないことばかりでしょうから、周りと比較してNaneaがどのような立ち位置なのかを実感してもらうためにも、裏付けとして、他店の情報は収集することが必要かもしれません」とも述べた。ES調査によって新たな気付きも得たようだ。

スタッフの本音が垣間見えて面白い!

画像4

ES調査を実施してみての感想は、「スタッフの本音はなかなか聞くことができないので、面白いですよね」と染谷代表。今後の全体的な改善方針については、「特にスタイリストは、後輩の教育などで負担がかかっているので、ねぎらいをしたい。長く働いているスタッフへの還元をさらに強めたい」と決意を話した。

■取材協力サロン

画像5

サロン名/Nanea ナネア
代表者/染谷 初
所在地/茨城県守谷市ひがし野
創業年/1999年
店舗数/1店舗
従業者数/6人
カット料金/5,950円~
URL/https://www.nanea.net/

●誌面連動記事 『美容の経営プラン8月号』「ES調査をやってみた」より

美容の経営プラン_2021_08月号

『美容の経営プラン』8月号では、「最強の美容室」を目指す上で、「お客さま第一主義」と「スタッフ第一主義」のどちらに軸足を置くべきか、また、その理念を「顧客満足度アップ」や「従業員満足度アップ」へどう反映させて、さらには業績を高めていくかについて徹底特集。お取引ディーラーや、直接小社へお申し込みください。


女性モード社の最新情報は→→→

ありがとうございます。嬉しいです!
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/