見出し画像

(株)ビューティーエクスペリエンスが社名とロゴを変更「(株)b-ex(ビーエックス)」へ

 頭髪化粧品メーカーの(株)ビューティーエクスペリエンス(福井敏浩社長)は、本日3月29日(月)より「(株)b-ex(ビーエックス)」へと社名変更した。

 同社は、2015年の創業40周年を機に、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏を迎え、ブランディングプロジェクトを開始。CI(コーポレート・アイデンティティ)の導入に伴い、ミッションとして掲げた「人生に、新しい美の体験を。」をそのまま表現した「ビューティーエクスペリエンス」に社名・ロゴを変更した。

 以降、主要都市に構える同社スタジオにおいてCIを体現するなど、一貫したブランディングを展開してきた。

 そしてこのほど、ブランディングプロジェクトの一環として、「ビューティーエクスペリエンス」の略称としてすでに社内外に広く浸透していた「(ビーエックス)」という呼称を、新たな社名として定着させる。

 今回の社名変更は、社内外のコミュニケーションスピードを加速させることが第一の目的で、ミッション・スローガンは変更せず、社名をアイコン化することで、CI をアップデート。社名とロゴを重要な1種のコミュニケーションメディアと位置づけ、時代に合わせて柔軟に変化する企業との視認性を高め、ブランド価値の向上を図っていく。

【社名変更概要】
新社名/株式会社b-ex 
変更日/2021年3月29日

b-ex_logo_トリ

【福井敏浩社長のコメント】
「『ビューティーエクスペリエンス』という社名が長いというお声をよくいただいており、また社内外では「b-ex(ビーエックス)」が浸透していたため、略称を活用し社名をアップデートすることで、さらにコミュニケーションスピードが上がるのではと考えました。

 このコミュニケーションは、会話を通した物理的なものだけでなく、ブランドの浸透といった心理的な意味合いも含まれています。社名をアイコン化することで、当社をより覚えやすく、より身近に感じていただければ嬉しいです。

 また社名変更だけでなく、ファブレス経営への移行や、海外企業とのアライアンス、人事制度改革、ニューノーマールな働き方推進等、時代の潮流や状況
に応じた柔軟な経営姿勢で会社をアップデートし続けています。

 今後は引き続きDXや、インナーブランディングを強化させ、また、SDGsにも全社一丸となって取り組んでいく予定です。コミュニケーションに留まらず、新しい取り組みへのチャレンジを今後も加速させ、皆さまに新しい美の体験を提供していきたいと考えています」

女性モード社の最新情報は→→→

よろしければ、フォローもお願いいたします!
2
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/