見出し画像

ヘアカラーもツヤのある質感も思いのまま「わたし」の理想に近づくトリートメント『PurificaPRO』×MORIYOSHI[SHACHU]

ハイトーンカラーをはじめ、自分の心が赴くままにヘアデザインを楽しむ時代、髪のコンディションは複雑になりがち。『PurificaPRO(プリフィカプロ)』は、そんな「わたし」の髪質やダメージによって使い分けるシステムトリートメント。これを使いこなせば、ヘアデザインだけでなく、髪のツヤ感、手触りまで「なりたい」美しさをかなえられる。

◎連動動画(ショートバージョン)

◎連動動画(ロングバージョン)

画像1

Profile
MORIYOSHI [SHACHU]
もりよし/1985年生まれ。埼玉県出身。日本美容専門学校卒業。都内店舗を経て2013年、代表・みやちのりよし氏の右腕として『SHACHU』立ち上げに携わる。現在チーフデザイナーとして渋谷神南店に所属。
https://www.instagram.com/moriyoshi0118

COLOR TYPE 1/Blonde Color
ハイダメージでもパサつかないブロンドヘアに

画像11

希望通りのブロンドに染めることができても、髪にツヤが感じられなければ理想とは程遠い・・・。そんな欲張りなお客さまには、ヘアカラーと『PurificaPRO』のダブルの提案で、満足度を最高値に。

BEFORE

画像12

■パーソナリティ:アパレル店員。ファッションに対する感度が高く、ブリーチやヘアカラーを繰り返し行なっている
■髪質:太くて硬い
■ダメージ:根元~中間は3回、毛先は5回のブリーチ履歴があるため、ダメージレベルは高い
■髪の悩み:寝グセがつきやすい
■ヘアカラーレシピ
・根元:フィヨーレ「クオルシア」ミルキーホワイト10:サンドベージュ11:ウルトラバイオレット6=100:15:1+6%
・中間~毛先:フィヨーレ「クオルシア」ミルキーホワイト10:サンドベージュ11=20:1+1.5%

AFTER

画像13

髪の硬さが和らぎ、指通りも滑らか。また、ブリーチ毛でも弾力のあるしなやかな質感になったことで、クセが付きにくい髪に。トリートメント前に施したブロンドカラーに褪色は見られず、色みもしっかりキープ。

Hair Color × Treatment Point
面でヘアカラーを強調する、シンプルなスタイリングは髪のパサつきが目立ちやすいです。『PurificaPRO』によって、ダメージでスカスカな毛髪内部が補修されることで、毛先までツヤやかに仕上がり、ブロンドが際立ちます。(MORIYOSHI)

TREATMENT PROCESS

画像2

(1)プレシャンプー後、「プリフィカPRO 1」をダメージが集中している毛先、中間の順で噴霧し、手でもみ込む。続いて、ムラがないようにコーミングしてなじませる。

画像3

(2)毛先を中心に「プリフィカPRO 2M」を重ねて塗布。コーミングで中間までなじませたら、クリーム感がなくなるまで手でもみこむ。

画像4

(3)中間、毛先の順に泡状の「プリフィカPRO 3」を毛束にのせるイメージで塗布。泡がなくなるまで、手のひらでなじませる。

画像5

Check Point!
「プリフィカPRO 3」は、「プリフィカPRO 2M」のもみこむような動作ではなく、光沢が出るように両手のひらで挟んで、毛束を滑らせるイメージでならす。ツルツルとした感触になるまで続ける。

画像6

(4)ラップで髪を包んだ後、40度に設定した加温機で10分間加温する。

画像7

(5)シャンプー台でヌメリがなくなるまですすぎ、「プリフィカPRO 4D」を毛先を中心に中間まで塗布。コーミングでよくなじませる。

画像8

(6)シャンプーボウルにお湯をためて、チェンジリンスを行なう。滑らかさが残る程度に水洗。
Check Point!
髪質とダメージで使い分け

毛髪診断によって薬剤を選択できる「プリフィカPRO」。髪質は「プリフィカPRO 2S/2M」、ダメージは「プリフィカPRO 4/4D」の2 種類を使い分ける。今回使用した2Mは太くて硬い髪に適しており、 2Sは軟毛と相性が良い。ミドルダメージまでは4、ブリーチ毛は4Dを使用しよう。

COLOR TYPE 2/Bordeaux Color
ボルドーカラーの彩度をツヤやかにキープ

画像15

ヘアカラーと相性の良い『PurificaPRO』は、明度の低いカラーリングでもしっかり発色を維持しながら、まとまりのある髪に仕上げる。褪色を気にするお客さまにも、髪質改善を提案可能だ。

BEFORE

画像13

■パーソナリティ:音楽活動もしている個性派タイプ。ストリート系のファッションを好む
■髪質:軟毛、パサつきやすい
■ダメージ:ブリーチ毛から暗髪にしているため、ダメージレベルはやや高い
■髪の悩み:毛先が広がりやすい
■ヘアカラーレシピ
・根元:フィヨーレ「クオルシア」レッド7+6%
・中間~毛先:フィヨーレ「クオルシア」レッド7+1.5%

AFTER

画像14

ボルドーカラーの発色をキープしつつ、広がりやすい毛先がまとまるようになった。本来、パサつきやすい髪質だが、うるおいが感じられる。明度の低いカラーでも重すぎず、ツヤっぽい仕上がりに。

Hair Color × Treatment Point
レイヤーを施すと毛先に動きが出るため、ツヤっぽく見せることが難しい。しかし、『PurificaPRO』によって、髪がまとまり、うるおいを得られたことで、ウルフスタイルでもツヤ感を実感できるように。また、暗髪でも発色良く見えます。(MORIYOSHI)

Interview × MORIYOSHI

自由にヘアデザインを楽しみながら
繰り返すダメージに抗う術が求められている

画像16

 『SHACHU』のお客さまは、ブリーチ施術を前提としたヘアカラーデザインを希望される方が多いです。そのため、できるだけ髪がきれいな状態でヘアカラーを楽しんでいただくために、ヘアカラーはトリートメントとセットにしたパッケージ提案を行なっています。また、現在Instagram などで人気のヘアスタイルの8~9割がツヤ感を重視したもの。写真に撮ったときにも感じられるツヤを、お客さま自身が求めています。そこで、美容師の希望とお客さまの期待をかなえるトリートメントが『PurificaPRO』です。今まで、内部補修や手触り、もしくはヘアデザインの維持のどちらかに特化したトリートメントが多かった印象なのですが『PurificaPRO』はそれら全てを両立できる点に驚きました。

 トリートメントの種類や分量を個々にカスタマイズできるため、複雑化しやすい髪のコンディションを見極めながら使用でき、ハイダメージのお客さまが多いサロンでも提案しやすいですね。軟毛の人は芯が通った弾力のある手触りを、硬毛の人はやわらかく、うるおいのある質感を実感できるはずです。ハイダメージ向けのトリートメントは髪に残留しやすいイメージがあるのですが、ダメージごとに使い分ける『PurificaPRO4/4D』は目指す仕上がりのテクスチャーが選べる上に、仕上がりが軽やか。風に当たると髪がサラサラと動くので、お客さま自身も効果を感じやすいと思います。

 また、『PurificaPRO』はヘアカラー直後に施術しても、色みが損なわれません。ヘアカラーの繰り返しによるダメージを補修するだけでなく、今後もヘアカラーを自由に楽しむためのトリートメントなので、今の時代に求められているアイテムだと思います。

Product Information × PurificaPRO

画像15

プロ処方のトリートメントで「わたし」が欲しい質感に

『PurificaPRO』は4ステップ式システムトリートメント。ヘアカラーやパーマとも相性が良く、好みのヘアデザインを諦めずに、髪質改善が可能だ。ダメージを見極めて分量や組み合わせをコントロールしてさまざまな髪質に対応。重すぎないテクスチャーで髪が自由に動き、弾力のある髪に導く。

(a)Fエイド プリフィカPRO 1:600mL
(b)Fエイド プリフィカPRO 2S/Fエイド プリフィカPRO 2M:各600g
(c)Fエイド プリフィカPRO 3:600mL
(d)Fエイド プリフィカPRO 4/Fエイド プリフィカPRO 4D:各600g

<お問い合わせ>
(株)フィヨーレコスメティクス
TEL 03-5821-0216 https://www.fiole.jp




女性モード社の最新情報は→→→

ありがとうございます。嬉しいです!
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/