見出し画像

第23回「ビューティーワールド ジャパン」2021年4月に開催へ! コロナウイルス感染防止対策を徹底。

 メッセフランクフルト ジャパン(株)(梶原靖志社長)は、2021年4月19日(月)~21日(水)の3日間、東京ビッグサイト西1・2・3・4ホール+アトリウムにて、エステ、一般化粧品、ネイル、美容機器、ヘア、癒し、ダイエット&ヘルスに関する全ての製品、サービス、情報、技術が国内外から一堂に集まる国際総合ビューティ見本市「ビューティーワールド ジャパン」を開催することを、このほど発表した(写真が2019年開催時の様子)。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年の開催は中止となったが、同社は、コロナ禍で営業自粛などを余儀なくされていたビューティ業界が活力を取り戻し、さらに発展させるため、「第23回 ビューティーワールド ジャパン」の開催を決定。出展者、来場者をはじめ見本市全参加者の健康を守り、安心・安全に開催することを宣言した。開催にあたっては、日本政府の方針および(一社)日本展示会協会が作成した「COVID-19感染拡大予防ガイドライン」[2]、会場である東京ビッグサイトのガイドラインに従い、必要な感染症対策を徹底的するという。

「美と健康」をテーマに新規エリア「からだ+キレイ」が登場
 なお、今年10月19日(月)~20日(火)の2日間は、大阪で「ビューティーワールド ジャパン ウエスト」を開催。多くの来場者を記録し好評を博した。その際に設置された新規エリア「からだ+キレイ」は、「美と健康」をテーマとする来年4月の東京開催でも登場。高齢化が進み、またコロナ禍で新たな生活様式が模索される中、見た目の変化やぼんやりとした体の不調に悩む人が、今以上に増えることが予想されており、ビューティ業界でもエイジングに負けない美しさをつくるベースとして、健やかなカラダづくりの提案がよりいっそう求められることを想定した提案だ。そのような状況を背景に生まれた同エリアでは、サプリメント・食品、温活商材、睡眠サポート商材、オーラルケア、ボディメイクなど多岐に渡る製品情報が集結。

 それに伴い、出展製品・サービスごとのゾーニングは「コスメティック」、「スパ&ウェルネス」、「アイラッシュ」、「ビジネスサポート」、「アカデミック」、「店販品」の6つに再編成。また「コスメティックゾーン」と「美容機器ゾーン」で構成し、「製品や技術をしっかりと来場者に伝え、展示即売ではなく商談に結び付ける」というコンセプトのもと、落ち着いた雰囲気の中で商談できる環境を整えた「プラチナエリア」、理美容室や複合サロンに導入可能な商材、サービス、情報が集まる「クリエイティブヘア」、同時開催の「東京ネイルフォーラム」も従来通りに展開する予。

 そして第一線で活躍する一流講師陣を招へいし、実践的かつ充実したラインアップで業界の最新トレンドや情報を発信する「メインステージセミナー」などのセミナー企画も、展示ホールからアクセスの良い東京ビッグサイト内会議棟にて、開催が予定されている。

 なお、「ビューティーワールド ジャパン 福岡」も、2021年2月8日(月)~9日(火)、福岡国際センターでの開催が決定している。

見本市公式ウェブサイト:www.beautyworldjapan.com
見本市公式フェイスブックページ:www.facebook.com/BeautyworldJapan1/
見本市公式インスタグラムページ:www.instagram.com/beautyworldjapanofficial/






女性モード社の最新情報は→→→

スキ、ありがとうございます!
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/

こちらでもピックアップされています

『美容界』ニュース
『美容界』ニュース
  • 90本

イベント、セミナー、コンテスト、新製品、記者会見などなど。美容業界で日々起こっている、プロフェッショナル向け(B to B)の最新記事を公開します。