新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ネイル業界向け「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」ver.6改訂版を発表/JNA(日本ネイリスト協会)

 NPO法人日本ネイリスト協会(仲宗根幸子理事長)では、2020年3月より、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぎ、ネイルサロンとその顧客、ネイルスクール・教育施設の講師をはじめとする関係者と受講生の安全・安心を目指した「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」を策定し、有識者や行政の指導と確認を得て、順次改定を行っている。5月25日(火)には、第6版改訂版を発行したことを発表した。

■新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインVer.6

 第6版の主な改訂内容としては、対面遮蔽に加えて「側面遮蔽」を追記。これまで「席の間隔を(最低1m、できれば2m)あけること」としていたが、改訂版では「席の間隔が1m未満の場合は、側面遮蔽用のスニーズガードを設置し遮蔽すること」と補足追記された。
 側面遮蔽を行うことにより、間隔を大きくあけずに席を配置することが可能となる。

 また、マスクについて「マスクは不織布マスクが望ましい」、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)について、携帯電話の「電源」だけでなく「Bluetooth」を切らないこと、という文言も追記された。

 ガイドラインの情報は、同協会公式サイトの他、内閣官房:新型コロナウイルス感染症対策ホームページの業種別ガイドラインの一覧にも掲載されており、協会加盟店・スクールのみならず、日本国内のネイルサロン・ネイル教育施設に向けて、同ガイドラインに沿った営業活動に臨むよう呼び掛ける。

 併せてガイドラインに沿った営業活動を行っているネイルサロン、ネイル教育施設に対しては、新型コロナウイルス感染防止「ガイドライン実施宣言ステッカー」発行。これは、業種別ガイドラインの策定と徹底を主導する内閣官房・新型コロナウイルス感染症対策推進室、経済産業省の指導により各業種が横断的に実施を進めているもの。同協会はネイル業界を代表する団体として「ガイドラインに基づくチェックリスト」を作成し、遵守徹底している施設を示す証となる「ガイドライン実施宣言ステッカー」の掲示を指導していくという。

■新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン実施宣言ステッカー


女性モード社の最新情報は→→→

今後ともよろしくお願いいたします!
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/