見出し画像

WELLA COMPANYが独立始動! 2020年12月1日~

 ウエラプロフェッショナルは、Cotyグループからの事業移管が終了。12月1日(火)より、Cotyから分離され、独自の管理チームと組織構造を持つ独立した会社「WELLA COMPANY(ウエラカンパニー)」に基づいて始動することを、このほど発表した。

 今回の独立に当たっては、世界的投資会社であるKKRが新会社の株主となり60%を保有し、Cotyは引き続き40%を保有。

 新しいウエラカンパニーは、世界100ヵ国以上の市場をカバーし、100以上のブランドと約6,000人の従業員、23億ドルの純売上高となる。サロン専売品を中心とする「ウエラプロフェッショナル」「システムプロフェッショナル」「セバスチャン」「OPI」、および一般消費者向けカラーブランドの「ウエラトーン」等のブランドを展開していく。

 また今回、Cotyのプロフェッショナル&リテールヘア事業の社長であるシルヴィ・モローが退任し、後任として新しいウエラカンパニーの最高経営責任者(CEO)にアニー・ヤング・スクライブナー氏が就任。

 2020年は創業140周年にあたるという同社。ウエラカンパニーとして独立するにあたり、創業当初より紡いできたDNAを引き継ぎ、世界中のウエラ社員が一丸となって同社の発展とブランドの成長を促すと共に、ディーラーとのパートナシップ、サロンおよびヘアスタイリストのサポートの強化に努めていきたいと、意を新たにしている。

画像1

WELLA COMPANY CEO,
Annie Young-Scrivner

アニー・ヤング・スクライブナー氏は、スターバックス社で7年、ペプシコ社で19年、営業、マーケティングおよび上級管理職を務め、ゴディバ社での3年間のCEOの経験を経てウエラカンパニーに参加。企業間(BtoB)および企業対消費者(BtoC)の豊富なマーケティング経験に加え、ゴディバ社とスターバックス社における日本市場の経験を活かし、ウエラカンパニーの成長に寄与していく。

画像2

WELLA COMPANY Japan General Manager,
Stefan Gaa

ステファン・ガー氏は、UHU GmbH社、Reckitt Benckiser社を経て、2017年にCotyに入社。20年以上の国際的な経験を持つダイナミックなリーダーであり、ゼネラルマネージャーとして、さまざまなマーケティングの上級職に就いている。複雑なポートフォリオ、大規模なチーム、組織変更を管理する経験を持ち、企業文化、ブランドの構築、イノベーションに情熱を注ぐ。


女性モード社の最新情報は→→→

スキ、ありがとうございます!
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/