見出し画像

プロの道具として生まれたストレートアイロン「BI-G1」、高機能のヘアドライヤー「BD-E2」が同時発売_(株)カドークオーラ

 「We design for atmosphere. 空気をデザインする 」をブランドフィロソフィーに掲げるcado((株)カドー)が手掛ける理美容家電メーカーcadocuaura ((株)カドークオーラ 、古賀 宣行社長) は、 新たなラインアップとしてプロ仕様のストレートヘアアイロン『BI-G1』、 髪と地肌にやさしい速乾・高機能のドライヤー『BD-E2』を3月25日(木)より発売する。

ストレートヘアアイロン BI-G1

アイロン01

 『BI-G1』は、髪のコンプレックスに寄り添い、 髪にまつわる悩み、 特にくせ毛や縮毛に着目したストレートヘアアイロン。開発にあたっては、 美容業界の先鋭企業である(株)ビューティガレージ(野村秀輝CEO)と縮毛矯正のスペシャリストであるLily代表の 柳本剛氏とのパートナーシップにより、ミリ単位の設計から、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えたプロツールに仕上げた。

 柳本氏が一番こだわったのは 「もっと髪の根元を攻められる」こと。 髪の根元まで施術するために施術部とプレートをほとんど同サイズに設計し、 縁までのクリアランスは1㎜以下。 プレートはアルミニウム素材にフッ素樹脂を塗布し、 3本の溝を設けて毛のうねりをしっかり拾えるようにした。

  施術部を薄くしたことで取り回しが良くなり、 耳の後ろやもみあげ周りも攻めやすく、 また、 長めのプレートで抑えられる髪の量を増やせるようにした。一般的なヘアアイロンに比べて非常に軽く、 コードも長いので作業時のストレスも軽減されている。

画像2

商品概要
製品名/ストレートヘアアイロン BI-G1
本体色/クールグレー、 ホワイト
電源/AC 100-240V 50-60Hz
消費電力/38W ※
プレート温度/約100℃~約200℃
サイズ/高さ約239x幅約32×奥行約40㎜ 約186g(電源コードを除く)
電源コード長さ/約1.8m
付属品/取扱説明書(保証書)、 耐熱シート
※0.5時間当たりの平均電力。 電源電圧および温度制御により変動。
最大電力はAC 100V時が約306W、AC 240V時が約405W。

ヘアドライヤー BD-E2

画像3

 2018年に発売し、高い支持を得ている「BD-E1」の後継機として『BD-E2』が登場。 髪と地肌にやさしく髪を健やかに保ちながら素早く乾かす機能を備える。 持つにも置くにも理にかなった形状で、洗面台やドレッサーのわずかなスペースにも置きやすく、 別売りのスチール製の専用スタンドで、 アタッチメントも含めより機能的に収納できる。

 ドライヤーのノーズ部分をなくしたことで、 本体重量約400gと軽量に、 さらに握りやすいグリップ形状とホールド感が増すくぼみは、 長時間使っていても疲れにくく、 使用時の疲労度が圧倒的に軽減される。 

髪と地肌にやさしい3つのポイント

➀業界トップクラスの大風量/定格消費電力1,000Wの省エネ設計ながら、 業界トップクラスの2.2m²/minのパワフルな風量を実現。 さらに遠赤外線効果による頭皮への温熱効果により低温でも速乾性を実現。

②髪にやさしい熱すぎない風温/あえて最高温度を熱すぎない85℃ に設定することで髪へのダメージを抑え、 過乾燥を防止。

③髪と地肌をしっかりケアする風質/マイナスイオンに加え、 吹出口に高効率で“遠赤外線”を放射するセラミックカートリッジ、 セラミックコーティングを施したヒーター線からも“遠赤外線”を放射するという、 デュアル遠赤外線構造で、 髪と地肌をやさしくケア。

 本体カラーは、 同時発売の『BI-G1』とバリエーションを揃え、 クールグレーとホワイトの2色で展開する。

ドライヤー01

商品概要
製品名/ヘアドライヤー BD-E2
本体色/クールグレー/ホワイト
電源/AC 100V 50-60Hz
消費電力/1,000W
風量/2.2m²/min
サイズ/高さ約250x幅約110×奥行約60mm 約400g(電源コードを除く)
電源コード長さ/約1.8m
安全装置/温度過昇防止装置(サーモスタット・温度ヒューズ)
付属品/ノズル、 ストラップ、 取扱説明書(保証書)、 お手入れブラシ

【別売り専用スタンド】
製品名:ヘアドライヤースタンド ST-E1

お問い合わせ
(株)カドー
フリーダイヤル0120-707-212
cadocuaura.com/

女性モード社の最新情報は→→→

やりました!
2
美容師向け出版物を発行して60年!女性モード社によるプロ向け最新情報『美容界ニュース』の配信をはじめ、『ヘアモード』『美容の経営プラン』といった月刊誌、各種書籍に関連するサロンで役立つ、楽しいデジタルコンテンツを提供していきます。 http://www.j-mode.co.jp/